インスタの投稿が遅い・急に落ちる!アップできない原因と解決策!

インスタの投稿時に「送信しています」とずっと表示が出たまま投稿できない、投稿時に電源が急に落ちる。

インスタでは、このような不具合が起こることがありますよね。

写真や動画がサクサク投稿できないとイラッとしますし、原因も分からないままでは対処の使用もありません。

そこで今回は、インスタの投稿が遅い・急に落ちる、アップできない原因と解決策!について解説していきます。

と、ちょっとその前に月末は特に通信制限になりがちで、好きなアプリや動画の再生がスムーズにいかなくてイライラしますよね。
そんな時は“無料”で使えるアプリ「タウンWiFi」が便利です
近場のフリーWi-Fiを検索して、自動で接続してくれるので面倒な会員登録も不要。
さらに、遅いWi-Fiに接続しない機能がついているのでいつでもどこでもサクサク使えちゃいます!

タウンWiFi  - 速度制限対策アプリ
 

いろいろなWiFiにサクサクつながる


タウンWiFi -無料アプリ

 





インスタの投稿が遅い・電源が急に落ちる原因

インスタで写真や動画を投稿する時に遅い、または電源が落ちる原因としては以下のことが考えられます。

  • インスタアプリのバージョンが古い
  • インスタのキャッシュやデータの容量が多い
  • 端末が古くて対応しきれていない
  • 写真のサイズ、動画の長さ
  • 通信の環境が悪い
  • スマホの通信制限がかかっている
  • インスタ側の不具合

主に上記7つの原因が考えられます。

インスタの投稿が遅い・電源が急に落ちる時の解決策

先ほどの7つ原因を踏まえて、解決策を解説していきます。

インスタアプリのバージョンが古い場合の解決策

インスタをしばらくアップデートしていない場合は、アプリを最新のバージョンにアップデートしてください。

バージョンが古いままだと、新機能や不具合の修正などに対応しきれていない場合があるので、投稿時に遅い、急に落ちるといった不具合が起こることがあります。

インスタは定期的にバージョンアップをしていますので、その都度バージョンを最新にした方が良いです。

インスタの容量が多すぎて処理しきれない

インスタは写真や動画を投稿していくSNSなので、インスタ内でキャッシュやデータがどんどん溜まっていき、容量オーバーになる可能性もあります。

こうなるとインスタだけではなくスマホ自体も動作が重い、遅いとなってしまうので定期的にキャッシュやデータは削除するようにしましょう。

iPhoneとアンドロイドではやり方は異なりますが基本的な考え方は同じです。

またiPhoneとアンドロイド共通の容量を減らす方法もあるので、以下の記事をぜひ参考にしてみてください。

インスタの容量を減らす!iPhoneで出来る2つの方法!
インスタの容量・ストレージ減らすには、減らす方法は、キャッシュを削除するのがいいですよ。インスタ軽くする・instagramでギガ数減らす・写真の容量を減らす・インスタアプリ軽くする方法を紹介しますね。

iPhone版のキャッシュ削除の方法も解説しています。

端末が古くて対応しきれていない

使用しているスマホが古い機種の場合、そもそも容量が少ないものもありますし、アプリをたくさん入れている場合は、容量を超えてしまって起動しないこともあります。

こちらの場合は新しく端末を購入するか、他のアプリを削除してインスタだけにするなどの対応しかありません。

この機会に思い切って、機種変更を考えてみてはどうでしょうか。

 

写真のサイズ大きすぎる、動画が長すぎる

インスタでは、写真のサイズや動画が長いことにより投稿が遅くなったり、対応しきれなくなって電源が落ちるといったことが起こります。

写真のサイズが大きいと当然、投稿する時の容量も大きくなりますし、投稿する写真の形式でも左右されます。

pngという画像形式だと画像はキレイで良いのですが、容量的には特に大きくなってしまうので「jpg」形式に変換するなどすれば投稿がスムーズにできますよ。

動画はもともと容量が大きいものですし、長ければ長いほど投稿のスピードも遅くなります。

ですので、スマホで写真・動画を加工してから投稿する、動画はインスタ内で長さを調整するなどの工夫をしてみてください。

以下で動画の長さを調整するやり方を解説したページがあるので、参考にしてみてください。

インスタストーリー動画、時間の長さ調整するやり方!60秒以上はできない?
インスタグラムのストーリーで動画の秒数や時間の長さを調整する方法や分割する方法、インスタストーリーの15秒以上1分以上の動画の長さを調整する方法をお伝えします。

通信の環境が悪い

電波の悪いところ、またはないところではもちろん投稿も遅くなりますし、3G・LTE・4Gでも読み込み速度が変わってきます。

やはり、おすすめはWi-Fi環境です。

自宅にWi-Fi環境がないと、わざわざコンビニなどのフリーWi-Fiがある場所に足を運ばなくてはいけませんし、めんどくさいですよね。

最近では面倒な工事不要で、登録後、自宅に届いたらコンセントに挿すだけでWi-Fi環境が整う「置くだけWiFi」という優れた物もあります。

SoftBankから販売されているので、信頼性・通信速度もバッチリです。

→ データ容量なし!【SoftBank Air】

また、ポケットWi-Fiを所持するという方法もありますので、こちらも検討してみてはどうでしょうか。

 

スマホの通信制限による速度の低下

スマホの契約時にはそれぞれのプランが用意されており、その中に1ヶ月で使用できる通信量というものがあります。

1ヶ月以内にこの通信量を超えると通信制限がかかります。インスタに限らず、他のアプリでも読み込み速度が低下します。

こちらはプランを変更するか、次の更新される日まで待つか、Wi-Fiを使うか、この3つが解決策になります。

 

インスタ側の不具合

インスタのアップデート時に上手くできていないと、遅い、落ちるといった不具合が発生することがあります。

この場合は、一旦インスタからログアウトして再度ログインする。

それでもダメなら、インスタを一旦アンインストールして再インストールする。

この方法が有効です。

一回破棄してから再度投稿を行ってみる

インスタで写真の投稿がなかなか反映されない、うまくいかない場合には、まったく同じ内容で再投稿してみるのも有効です。

特に変わったことをする必要はなく、一度投稿を行ってから破棄して、もう一度同じ写真を選んで投稿してみてください。

これでうまくいく場合もあります。

おわりに

今回は、インスタ投稿時に動作が遅い・急に落ちる時に、主に考えられる7つの原因と解決策についてご紹介しました。

紹介した方法を試してみても改善されない場合は、インスタに直接問い合わせてみてください。

何らかの回答、対応があるはずです。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました