LINE動画が送れない!送信できない原因5つと容量・時間・長さと解決策!

LINEで動画が送れないよ!なんで?なんで??

1番考えられるのは、動画が長すぎて容量が重くなっていませんか?他にも原因があります。

LINEの動画が送れいない原因は色々と考えられますが、今回主な原因を紹介していきます。

 

  • 動画の制限(長さ・形式・)
  • 通信環境が悪い
  • スマホの通信制限がかかっている
  • LINEのバージョンが古い
  • LINE側の不具合

 

LINEで動画が送れない不具合で考えられるのは上記5つです。詳しく見ていきましょう!

LINEの動画が送れない時の解決策

上記の原因を踏まえて今回の不具合を解決していきましょう。

 

LINEで5分以上の動画を送ろうとしている

LINEでは少し前まで1分30秒~2分程度と動画を送信できる時間の長さが決まっていました。

アップデート後はLINEで送れる動画の長さも最長で5分までとなっています。

ただ5分までの動画しか送れないので送信できない場合は5分以上の動画の可能性があります。

LINEで動画を送る際には画面のように「最大5分まで送信できます。」と表示されます。

また5分以上の動画は自動で5分以内にトリミングされることもあります。

 

LINEで送る動画の形式が対応していない

LINEでは送る動画の形式は基本的には「mp4」となっています。

他PC版を使えば他の形式でも送ることは可能ですが受け取る相手側が対応していないと見ることが出来ない可能性もあります。

ですのでデフォルトである「mp4」で動画を送るのが一番確実と言えます。

スマホで送る場合は問題ないかと思いますが一度動画の形式を確認してみてください。

 

通信環境が悪いとLINEの動画が送れない

LINEの動画と言いますか、通信環境が悪い場所ではトークや写真すらも送れません。

また通信環境が悪い場合に長い動画を送ろうとしても読み込みに時間がかかり中々送れないですし、途中で電波が途切れるとエラーになってしまいます。

そのような場合は電波が良いところに移動するか、Wi-Fi環境があるところに移動して再度チャレンジしてみてください。

 

通信制限がかかっている

LINEだけに限らず急に通信速度が遅くなったり、時間がかかる場合は1ヶ月に設けられている通信制限を超えている可能性があります。

これは各キャリアのプランいよりますが、超えている場合はプランの見直しか、または解除されるのを待つことになります。

Wi-Fi環境があれば制限は無視できるのでこちらもWi-Fi環境で行うのがベストですね。

 

LINEのバージョンが古い

LINEをしばらくアップデートしていない場合は動画の長さや容量に対応できていない可能性もあり動画が送信できません。

LINEの不具合やバグの修正などのアップデートも頻繁に行われていますし、ひどい場合にはLINEを起動、落ちるといった不具合が起こることもあります。

アップデートの情報などはLINEからもお知らせがあると思いますし、できればその都度最新のバージョンにアップデートしておきましょう。

 

LINE側の不具合

今回の解決策を全て試しても解決しない場合はLINE側で何か不具合が起こっている可能性が高いです。

これはこちらではどうしようもありませんのでお知らせを待つかLINEに問い合わせるかしかないでしょう。

 

終わりに

LINEで動画が送れないのはこちら側の勘違いや設定ミスの場合もあります。

そして、通信環境などが悪い場所では、できるだけ長い動画は避けて見てほしいところだけ送れるように編集して送信するようにしたいですね。

LINEで動画が送れなかった時は今回の解決策をぜひ試していただきたいと思います。

 

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました