LINEの通話は本当に無料?お互いの通信料はいくらかかる?

LINEの無料通話って、便利だからよく使うけど本当に無料なの?

確かに、いくら話しても通話料がかからないというのは疑問ですよね。無料と言われていますが、 実はデータ通信量がかかっているんですよ。

それって、かけた側と受けとった側で料金は変わるの?
月額の通信量ってどれくらいかかっているんだろう。

それでは、LINE通話が無料の理由と、通話によってかかるデータ通信量について詳しく解説していきますね。


と、ちょっとその前に月末は特に通信制限になりがちで、好きなアプリや動画の再生がスムーズにいかなくてイライラしますよね。
そんな時は“無料”で使えるアプリ「タウンWiFi」が便利です
近場のフリーWi-Fiを検索して、自動で接続してくれるので面倒な会員登録も不要。
さらに、遅いWi-Fiに接続しない機能がついているのでいつでもどこでもサクサク使えちゃいます!

タウンWiFi

タウンWiFi -無料アプリ
開発元:Zoom
無料
posted withアプリーチ

LINEの無料通話は本当に無料?

いつでもどこでも気軽に電話がかけられて、どんなに長電話をしても通話料がかからない、そんなLINEの無料通話って本当に便利ですよね。

最近では、LINEを使って連絡している方もかなり増えています。

スマホ本体の電話代はかからないけれど、LINEの通話は本当に無料なのか気になりますよね。

実は、通話する時に「通信料金(パケット代)」がかかっているのです。

もちろんそれは、発信者側と受信者側の双方にかかっています。

では、どれくらい料金が違うのか?

この記事では、そんなLINEの無料通話の仕組みについて、詳しく解説していきます。

LINEの通話が無料と言われる理由

LINEの無料通話機能は、 友達リストにいる人同士であれば、誰とでも無料で通話をすることができます。

どんなに長電話をしても、月額の通話料金が一切からないのは嬉しいメリットですよね!

LINEを使って無料で通話できるのは、電話回線ではなくインターネット回線を利用しているからです。

そのため、通話料そのものは無料になりますが、パケットのデータ通信量を消費します。

つまり、この二つのポイントが、主に通話料金が無料と言われる理由です。

  • インターネット回線を利用した音声通話サービスであること
  • データ通信料を使って通話している

では、データ通信量は何分でどれくらい消費しているのでしょうか。

こちらも詳しく見ていきましょう。

LINE通話でデータ通信量はいくらかかる?月額料金の目安

通常の電話の場合は1分で20~30円ほどかかり、1時間で最大1,800円もの料金がかかってしまいます。

ですが、LINEの無料通話を使うとこれよりも安く済ませることができます。

このデータ通信は一体いくらかかっているのか、そこが気になりますよね。

LINEには、「音声通話」「ビデオ通話」があります。
それぞれ、どれくらい消費しているのかを見ていきましょう。

1GBあたりの料金と目安

ソフトバンクの定額ミニの場合
・1GB(2,900円)

ドコモのギガライトの場合
・1GB(2,980円)

新auピタットプランNの場合
・1GB(1,980円)

au、ドコモ、ソフトバンクなどの大手キャリアで、1GBを追加購入した場合はそれぞれ約1000円かかります。

 ※お使いのキャリアやプランによって料金が異なりますので、あくまでも目安です。

音声通話のデータ使用量の目安

  •   1分あたり=0.3MB
  • 10分あたり=3MB
  • 30分あたり=9MB
  • 60分あたり=18MB

LINEで音声通話を利用した場合、1GBで約55.5時間まで通話が利用できます

もし設定しているプランが月1GBまでであれば、毎日約1時間半まで通話することができます。

とはいっても、LINE通話のみを利用した場合での計算なので、他にメッセージやネットの利用があればもっと少ない時間になりそうです。

ビデオ通話のデータ使用量の目安

ビデオ通話での通信量は、音声の他に映像データも送受信するため、音声通話と比較するとかなりのパケット代を消費します。

  •   1分あたり=5.1MB
  • 10分あたり=51MB
  • 30分あたり=153MB
  • 60分あたり=307MB

1GBで約3.25時間のビデオ通話が利用可能ですが、音声通話と比べると消費する通信量がかなり多いですね。

動画でお互いの顔を見ながら通話できる便利なビデオ通話ですが、先ほども述べたように映像データも送受信するため、音声通話の10倍近くかかります。

また、月1GBのプランであれば1日に利用可能な時間は約6分とかなり短めです。

音声通話のように利用していると、あっという間に1GB使い切ってしまったという結果にもなりかねません。

ビデオ通話での長電話には注意が必要ですね。

発信者側と受信者側で通話料金は違うの?

先ほども述べたように、LINEの無料通話機能はインターネット回線を使います。
そのため、発信者、受信者のどちらにも同様の通信量が発生します

ですが、それぞれがWi-Fiの環境下なら通信料は一切かかりません。

Wi-Fiの環境下でない場合は、当然ながらデータ通信量がかかります。

プランに余裕があるときは良いですが、Wi-Fiを使うことができない時に長く通話をしているとデータ通信量がかかるので、利用の際には注意しましょう。

LINE通話を完全に無料で利用する方法は?

LINEの通話にかかるデータ通信料を完全に無料にする方法は二通りあります。

それぞれの方法について詳しく解説しますね。

Wi-Fiを利用する

先ほども述べたように、LINEの音声通話はインターネット回線を利用しています。
ネットを利用する際にデータ通信量の消費を節約するためにWi-Fiを使っている人も多いですよね。

LINEの音声通話もWi-Fiの環境下で利用することで、完全に無料で利用できます

外出先でも、Wi-FiスポットやモバイルWi-Fiがあればデータ通信量を一切消費すること はありません。
PCをお持ちの方であれば、自宅のWi-Fiを使うだけで、どんなに長電話をしても完全に無料で使うことができますよ。

Wi-Fiを利用する際に注意したいのが、混雑している回線を使うと通信状態が滞ってしまい、通話中の会話が途切れてしまい、聞き取りにくいなどの支障が出る可能性があります。
この場合は繋ぐWi-Fiを変えるか、場所を移動すると良いでしょう。

LINEモバイルのプランを利用する

LINEが提供している格安SIMのLINE MOBILEでは、データフリーという特典を利用することができます。

LINEモバイルの主な特徴として、LINEを使った時に消費されるデータ量がカウントフリーとなり、音声通話も使い放題になります!

つまり、LINEの通話が完全に無料になります。

また、LINEモバイルでは、どのプランに加入してもデータフリーで利用できるというメリットがあります。

データ通信料を全く消費することなく、通話を利用できるのは嬉しいですね。

月額500円のプラン「LINEフリープラン」でもカウントフリー適用となっています。

このプランを利用すれば、LINEアプリで消費される音声通話、トーク、画像と動画の送受信、タイムラインなどの通信量がすべて使い放題になります。

また、LINEモバイルのデータフリーを使うと、Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSICなどもカウントフリーの対象になるので、SNSもよく使うという人にはぴったりなプランですね。

まとめ

LINE通話は本当に無料なのか、お互いの通信料はいくらかかるのかをまとめてご紹介しました。

LINE通話を使えば、携帯の音声通話自体に影響はありませんが、インターネット回線を利用して通話をするためデータ通信量がかかります。

完全に無料で使いたい場合には、Wi-Fiの環境下で通話をすると良いですね。

また、格安SIMのLINEモバイルを利用すれば「フリープラン」での音声通話はもちろん、ビデオ通話も完全無料で利用できますよ。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました