Twitterで過去のツイートを簡単に検索する方法【2019年完全版】

あの人がこの前tweetしてた内容なんだったけ…。スクロールでさかのぼるのは面倒だし、いい方法ないかな?

そんなときはtwitterの『さかのぼり機能』を使うと便利です。専用アプリもいろいろあるから、一つは備えておいてもいいかも!

Twitterのさかのぼり機能は、「公式」と「アプリ」があります。

まずは公式アプリ(サイト)の方法からみていきます。

twitterで過去ツイートを完全一致キーワードで検索する方法

step1:検索窓をタップする

twitter過去のツイート

 

step2:検索窓タップ

twitterアカウントで検索

 

step3:キーワード検索へ入力

キーワード検索のところには、

from:アカウント名 “キーワード”

を入力します。

アカウント名の後には空白を入れてください。

※アカウント名をコピペする方法はこちら。

 

 

今回は、ちぃたんのアカウントで “竹馬” を検索してみます。

 

from:love2chiitan ”竹馬”

 

タップすると上記をtwitterで開きます。

※あなたが調べたいアカウント名とキーワードで書き換えてくださいね。

 

twitterでアカウント名と完全一致で検索した

 

step4:検索をタップする

見事にちぃたんの発言した「竹馬」という言葉のみが表示されました。

twitterでアカウント名と完全一致で検索した

 

 

twitterでアカウント名・ユーザー名がコピペできない場合の方法

検索したいアカウント名を覚えていないことが多いと思うので、コピペしてきましょう。

ただし!プロフィールページのアカウント名はコピペできないので、新しいツイートアイコンでコピーしましょう。

 

step1:プロフィールページの右下、新しいツイートアイコンをタップ。

 

step2:アカウント名を長押し。全選択、コピーでコピー

 

 

 

twitterで特定の期間で検索する方法

検索窓に「from:アカウント名 since:いつから until:いつまで」を入力して検索する方法です。

 

step1:検索窓をタップする

twitter過去のツイート

 

step2:キーワード検索窓に入力する

twitter過去のツイート

 

検索したい人の過去tweetをさかのぼる場合には、以下を入力します。

 

from:アカウント名 since:いつから until:いつまで

  • from:の後にはアカウント名
  • since:の後には指定期間の始まり(いつから)
  • until:の後には指定期間の終わり(いつまで)

Sinceの前とuntilの前には半角の空白が必要です。

 

例文は、こちら。

 

from:love2chiitan since:2018-1-1 until:2018-1-31

 

タップすると上記をtwitterで開きます。

※ユーザー名を変更して、検索したいユーザー名に変更してみてください。

 

入力すると、このように期間内のtweetが最初から表示されています。

twitter過去のツイート

 

「最新」をタップすると、指定期間の終わりから表示されます。

twitter過去のツイート

 

期間を狭めるほど見やすいかもしれませんね。

公式アプリのさかのぼり機能で過去tweetを見る方法は以上です。

 

 

アプリを使用したさかのぼり機能

公式サイトよりも使いやすいと評判の「過去tweetさかのぼりアプリ」がありますのでご紹介。

 

Frikaetter(フリカエッター)

Frikaetter(フリカエッター)は、過去tweetを古い順から見ることができます。

step1:自分のIDでログイン

ふりかえったーで検索

 

step2:見たい人のアカウントを入力して「ふりかえる」をタップ

ふりかえったーで検索

 

入力して「ふりかえる」ボタンを押すと、このように古い順から過去tweetを閲覧することが可能です。動画や画像は表示されません。

ふりかえったーで検索

 

違う人のtweetを見たいときには、×印で閉じて最初の画面に戻します。

ふりかえったーで検索

 

twilog(ツイログ)

twilog(ツイログ)は、ツイートをブログ形式で保存してくれるアプリです。

step1:自分のアカウントで行うなら赤い枠をタップ。他の人のを閲覧したいなら、その下の検索窓にアカウントを入力。

ツイログで検索

 

step2:自分のアカウントから入ると、twitterに連携するボタンをタップ

ツイログで検索

これで登録完了です。

step3:自分のtwilog(ツイログ)アドレスが表示されるのでタップ

ツイログで検索

画面に自分のホームが出てきます。

step4:広告の下、ツイートの上に「並び順」の選択があり、古い順から表示するボタンをタップ。

ツイログで検索

 

すると、このようにツイートの古い順から表示されていきます。

ツイログで検索

自分のアカウントで連携すれば、最大3,200件まで登録が可能です。他の人のでも最新から100件は見ることができます。

 

まとめ

自分にも他人にも使用できる「twitterでの過去ツイート検索方法」をご紹介しました。

コツを覚えれば、いつでも簡単に過去ツイートを閲覧できます。

 

また、今思えば恥ずかしくなってしまうようなツイートも、これで削除することができますよね。

データが重いと、サクサク動かなくなったりする方もいるようです。

 

便利なアプリには「Frikaetter(フリカエッター)」や「twilog(ツイログ)」などがありました。

公式で入力する際の文字入力が面倒なら、アプリを利用するのもいいですね。

ぜひ、便利な方を備えておいてくださいね!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました