ゆうちょPayに登録できない原因と対処法!登録方法もご紹介

 

色々なキャッシュレス決済サービスがあるけど、ゆうちょ銀行の口座を持っているからゆうちょPayに登録しようかな。

ゆうちょPayは、セキュリティ面も安心ですし、公共料金なども支払えるので便利ですからね。

早速登録しようとしたんだけど、なんかエラーが出て進まないんだ。
何がダメなんだろう?

それは困りましたね…。それでは、ゆうちょPayの登録方法と、登録できない時の対処法について順番に見ていきましょう。

ゆうちょPayとは

ゆうちょPayとは、スマホがお財布代わりになるゆうちょの新しいスマホ決済アプリです。
登録するためには、ゆうちょ銀行の口座が必要になります。

ゆうちょPayで支払いをすると、登録口座からすぐに代金が支払われるので、クレジットカードの連携や事前に残高チャージをする必要がありません。
使用できる金額は貯金残高の範囲内に限られており、利用限度額も初期設定では、1日で200万円・1カ月で500万円と設定されていますが、後からこの設定を変更することも可能です。

登録手数料は一切かからないので、深夜にATMでお金を引き出すことが多い人はゆうちょPayのほうが使いやすいかもしれませんね。

お店での買い物や飲食代金の支払いはもちろん、払込取扱票による公共料金の支払いにも使えるので利便性が高いと評判です。

ゆうちょPayを登録するための事前準備

先ほども少し説明した通り、ゆうちょPayの登録には、ゆうちょ銀行の口座が必要です。
口座がない場合は、最寄りの郵便局や郵送で開設を行います。

郵送で済ませたいという方は、ゆうちょの公式HPにある「ゆうちょダイレクト+」から申し込みできます。

ゆうちょダイレクト+(プラス)の口座を開設するには-ゆうちょ銀行

郵便局の窓口で口座を申し込んだ場合は、その当日にゆうちょPayの登録も可能ですが、郵送の場合には少し日数がかかってしまいます。
急ぎの場合には、直接郵便局で手続きをした方が良いでしょう。

ゆうちょPayの登録方法

まずはアプリをインストールします。

アプリを起動したら、最初の画面下部にある アカウント登録 を選択します。

メールアドレスと自分が希望するIDを設定して 確認コード送信 を押します。

アドレス宛てに届いた6桁の確認コードを入力してください。

画面が進まない場合には、IDの文字数が不足していないか、アドレスが間違っていないかを一度確認してみてください。

確認コードが問題なく入力されると、個人情報の入力画面に切り替わるので、上から順番に必要な情報を入力していきます。

次は、口座情報の入力です。

金融機関の選択画面が表示されますが、ここではゆうちょ銀行しか選べないので注意してください。

口座の記号と番号の入力を求められます。

記号は、通帳やキャッシュカードに記載されている1から始まる5桁の数字
番号は、通帳やキャッシュカードに記載されている末尾が1の2~8桁の数字です。

入力内容を確認し、間違いがなければ先に進んでください。

最後に、キャッシュカードなどで使う4桁の暗証番号を入力します。
再度入力内容の確認をすれば申し込みは完了です。

すべての入力が完了したら、アプリの最初の画面に戻り、再度ログインしたら使用できるようになります。

もしここでうまくいかない場合には、アプリを一度終了させてから開きなおしてみてください。

ゆうちょPayを登録するときの注意点

ゆうちょPayを登録するにあたり、いくつかの注意点があります。

ゆうちょ銀行の口座設定は本人名義のみ可能

口座登録にはセキュリティ面の問題から本人名義の口座のみに限られています。
持っていない場合には、自分名義の口座を作成してから登録を行いましょう。

1つのログインIDにつき、1つの口座のみ登録可能

複数アカウントを作成することはできず、1つの端末につき1つの口座しか設定できないようになっています。
もし他にもアカウントを作成したい場合には、ご家族の誰か別の人にお願いして作ってもらいましょう。

暗証番号はしっかりと管理する

設定する暗証番号は、生年月日や特定されやすい番号、他のサービスで使用している番号は避けましょう。

利用履歴はアプリ内で確認

利用履歴の明細書の発行はありません。

アプリを起動してコード表示画面の中央下部にあるご利用履歴から、いついくらで購入したのかが確認できます。

 

ゆうちょPayの登録ができない時の原因と対処法

登録ができない場合の8つの対処法を、その原因と一緒に説明していきます。

総合口座以外を登録しようとしている

本人名義の銀行であっても、振替口座・通常貯蓄貯金口座・キャッシュカードを利用していない総合口座は登録できません。

総合口座は、記号の初めの数字が1の口座なので、一度確認してみてください。

持っていない場合は、最寄りの郵便局または郵送で口座の開設をしましょう。

既に登録されているIDを入力している

他のユーザーが同じIDを既に使用している場合、登録しようとするとエラーが出てしまいます。

その場合は、別のIDに変えるか、数字を付け足すなどして別のIDを入力してみましょう。

「この画面を閉じてアプリに戻ってください」から進まない

口座情報の入力が完了すると、「この画面を閉じてアプリに戻ってください」という表示が出ます。

しかし、ただ開き直すだけでは、エラーが出て進めないままになってしまいます。そんな時は1度完全にアプリを閉じてから開き直してください。

そうすると、アプリの最初の画面に進み、ログインIDとパスワードを入力すれば使用することができます。

問題のある口座を登録しようとしている

登録しようとしている口座になんらかの問題があると登録できません。
その場合は、最寄りの郵便局に行って問い合わせてみましょう。

口座の本人確認手続きが済んでいない

2013年4月1日から義務付けられている「取引目的等の確認」が済んでいないと登録ができません。
昔のゆうちょ口座ではその手続きが済んでいないことがよくあるそうです。

身分証明書があれば郵便局の窓口ですぐに手続きできるので、手続きをしてから登録しましょう。

入力した個人情報と登録している口座の情報が一致していない

入力した情報が異なると、本人であることが確認できないのでエラーが出てしまいます。
その場合は、入力した内容に誤りがないかもう一度確認しましょう。

それでもダメな場合は、通帳と身分証明書、届出印を持って最寄りの郵便局で確認をして下さい。

暗証番号を所定の回数以上間違えて入力してしまった

口座のキャッシュカード暗証番号を所定の回数以上間違えて入力してしまうと、口座がロックされてしまいます。

その場合は、キャッシュカードと身分証明書を持って、最寄りの郵便局で暗証番号誤回数消去の手続きを行う必要があります。

暗証番号が間違っている

入力したキャッシュカードの暗証番号が間違っていると登録できません。

もし暗証番号がわからなくなってしまった場合は、通帳と身分証明書、届出印を持って、最寄りの郵便局で暗証番号照会を行ってください。

メンテナンス日はアカウント登録ができない

1月、4月、7月、10月の最終火曜日の1時~6時の間はシステムのメンテナンスを行っているので、アカウントの登録ができません。
時間をおいてから再度登録を行ってみてください。

それ以外の理由・原因がわからない場合

上記の原因に当てはまらないのにどうしても登録できないという場合には、サポートデスクにお問い合わせをしてみてください。

ゆうちょPayサポートデスク
0120-387-186(通話料無料)

[受付時間] 平日 8:30~21:00 土・日・休日 9:00~17:00(12月31日~1月3日は、9:00~17:00)

※携帯電話・PHS等からもご利用いただけます。
※IP電話等、一部ご利用いただけない場合があります。

まとめ

ゆうちょPayの登録方法と、登録できない時の対処法についてご紹介しました。

ゆうちょ銀行の口座からキャッシュレス決済ができるのは、とてもラクですし安心ですよね。

今後どんどん使用できる店舗も増えていくので、今のうちに登録しておくのもいいと思います。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました