ゆうちょPayを解約する方法!利用停止・退会・削除したらどうなる?

ゆうちょPayに登録したのはいいけど、あまり使わないな。
解約したいけど、どうしたらいいんだろう?

そのためには、郵便局の窓口に行って書類を提出する必要がありますよ。

それってネットや郵送で済ませられないの?

セキュリティの問題から窓口での本人確認が必要です。
解約方法について詳しくご紹介いたしますね。

と、ちょっとその前に月末は特に通信制限になりがちで、好きなアプリや動画の再生がスムーズにいかなくてイライラしますよね。
そんな時は“無料”で使えるアプリ「タウンWiFi」が便利です
近場のフリーWi-Fiを検索して、自動で接続してくれるので面倒な会員登録も不要。
さらに、遅いWi-Fiに接続しない機能がついているのでいつでもどこでもサクサク使えちゃいます!

タウンWiFi  - 速度制限対策アプリ
 

いろいろなWiFiにサクサクつながる


タウンWiFi -無料アプリ

 





ゆうちょPayを解約するにはどうしたらいい?

登録してみたはいいけれど、思ったよりも利用する機会がないということもありますよね。
使わなくなってしまうと、アプリやアカウントの削除が頭に浮かびますが、アプリを削除するだけでは完全に消したことにはなりません。

スマホからアプリをアンインストールしても、ゆうちょPayにはアカウントの情報が残ったままなので、完全に解約したということにはならないからです。

ゆうちょPayに新規登録した際に「ネット口座振替受付サービス」を使って口座の登録を行っています。
なので、その振替サービスの利用を廃止するためには「即時振替サービス利用廃止届書」を提出する必要があります。

ゆうちょPayは口座と紐づけられているので、きちんと契約者本人によって解約手続きが行われたことを証明できなければなりません。

その書類を窓口で提出するとともに、印鑑と共に本人確認の公的書類の提出も一緒に求められます。
要するに、解約するには郵便局の窓口に出向かなくてはいけないということです。

ゆうちょPayを完全に解約・退会する時の注意点

解約を申請すると、ゆうちょPayでの支払いはもちろん、利用そのものができなくなります

申請後の解約の取り消しはできないので、今後もしまたサービスを利用したくなった時には再び新規申し込みを行う必要があります。

もしかしたら使うかもしれない、という方は「アカウントを一時停止」しておくと良いでしょう。

一時停止状態を解除するまでの間は、本人であってもアカウントを利用できない状態にするので、停止中に悪用されるといったこともありません。

一時停止についての詳しい説明とその方法については、解約する方法の後にご紹介します。

ゆうちょPayを解約・退会する方法

先ほども説明した通り、ゆうちょPayを解約するには、郵便局の窓口に「即時振替サービス利用廃止届書」を提出しなくてはいけません。
即時振替サービス利用廃止届書を入手するには、郵便局の窓口でもらうか、ゆうちょ銀行の公式サイトからダウンロードして印刷する方法があります。

印刷する場合は、公式サイトからPDFデータをダウンロードします。

こちらのリンクからも直接、請求用紙のページに飛ぶことができます。

各種ご請求用紙のダウンロード−ゆうちょ銀行

トップページからダウンロードするには、ゆうちょ銀行の公式サイトにアクセスし、下にスクロールしていくとある 各種ご請求用紙のダウンロード をタップしてください。

即時振替サービス利用廃止届書(株式会社ゆうちょ銀行/ゆうちょPay) を選択すると、その届書が表示されるので印刷しましょう。

自宅にプリンタやPCがない人でも、USBメモリやスマホにデータを入れておくことでコンビニでも印刷ができます。

用紙には住所、名前、印鑑、電話番号、通帳に書かれている口座の記号と番号、利用廃止の年と月を記入しておきます。
事前に印刷して必要事項を記入していれば、手続きの時間が短縮されるのでおすすめです。

窓口での手続きはその場ですぐに対応してくれます。
窓口に「即時振替サービス利用廃止届書」を提出しに行く際は、通帳・届出印・本人確認書類も一緒に持っていきましょう

書類に記載されている情報と本人確認書類の情報が確認できれば、無事に解約の手続きが完了です。
これでゆうちょPayの登録は完全に解約され、一切利用できなくなります。

ゆうちょPayのアカウント一時停止とは?

冒頭でも少し触れましたが、ゆうちょPayにはアカウントを一時的に停止できる機能があります。

「今はをあまり使わないけれど、キャンペーンが来たらいつか使うかもしれない」、「スマホを紛失したから利用を止めたい」などの場合は、アカウントの一時停止がおすすめです。

「アカウントの一時停止」を行うと、解除されるまでゆうちょPayの利用が停止され、支払いはもちろんアカウントにログインすることも出来なくなります。

使いたい時に一時停止を解除して使うことができるので、万が一の時にも悪用されるのを防ぐこともできます。

解約はアカウントが完全に削除され利用できなくなりますが、一時停止は文字の通り利用を一時的に停止しているだけなので、いつでも再開が可能です

ゆうちょPayのアカウントを一時停止する方法

ゆうちょPayのアカウントを一時停止するためには、ゆうちょ銀行の公式サイトから申し込みを行う必要があります。

こちらのリンクから停止依頼のページに移動できますよ。

ユーザサポートページ | ゆうちょPay

ゆうちょ銀行の公式サイトのトップページからアクセスする場合は、下にスクロールしていくとある 送金・支払・海外関連 をタップしましょう。

次に、ゆうちょPay を選択し、下の方にあるゆうちょPayの利用停止手続きはの こちら をタップしてください。

 

アカウント停止依頼のページに進むので、ログインID・生年月日・取引暗証番号を入力し、アカウントを一時停止する を選択すると手続きが完了します。

携帯を紛失してしまったり、盗まれてしまったりした場合は、すぐにアカウントの一時停止を申し込み、悪用されないようにしましょう。

ちなみに、アカウントの一時停止を解除するためには、ゆうちょPayのサポートデスクに下記の時間に電話しなくてはいけません。

ゆうちょPayサポートデスク

0120-387-186(通話料無料)

[受付時間] 平日 8:30~21:00 土・日・休日 9:00~17:00(12月31日~1月3日は、9:00~17:00)
※携帯電話・PHS等からもご利用いただけます。
※IP電話等、一部ご利用いただけない場合があります。

ゆうちょPay-ゆうちょ銀行

再開するのに少々手間ではありますが、セキュリティ面を考えるとかなりしっかりと考えられているので安心感がありますね。

まとめ

ゆうちょPayを解約する方法と、アカウントの一時停止の方法をご紹介しました。

解約するには直接郵便局に行かなければならないので少し手間がかかりますが、窓口で対応してもらえるので、わからないことを聞きながら手続きできますね。

一時停止は公式サイトから行えるので、必要になった際はぜひこの記事を参考にしてみてください。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました