LINE「リレー機能」公開範囲と使い方!タイムライン上で写真や動画を共有

 

LINEノートにリレーって項目があるけど何だろう?

リレーはタイムラインで色々な人と写真やテキストを共有できるツールですよ。

なにそれ!面白そう!

それでは、注意点や使い方など詳しく見ていきましょうか。

LINEのタイムラインで使える「リレー機能」とは?

LINEの「リレー機能」とは、写真や動画、テキストなどを共有できるツールです。

トークルームのノートからも作成が可能ですが、公開範囲を設定することでタイムライン上にも反映されます。
「リレーのように皆でバトンを渡しながら作成するアルバム」のようなものだと考れば良いでしょう。
もちろん、公開範囲を設定することでタイムライン上に載せないこともできます。

リレーはトークルーム内で特定の友人と共有することができるだけでなく、全体公開にすることで全てのLINEユーザーとも繋がることができます。

例えば、お祭りなどの同じイベントに参加した人、同じ場所に行ったことのある人、更に写真やペットなど共通の趣味を持った人ともリレーを楽しむことが可能です。

知らない人とリレーをする方法はとても簡単で、テーマを決めたらハッシュタグをつけて写真をアップするだけ。

ハッシュタグに食い付いた人がリレーにどんどん参加してくれるので、共通の話題でワイワイ盛り上がることができますよ。

リレー機能を使う前に注意しておきたいこと

そんな便利で楽しい機能であるリレーですが、注意すべき点もあります。

リレーの公開範囲について

公開範囲を設定することで誰でもリレーに参加することができますが、これは知らないユーザーや見られたくない相手に自分のリレー投稿を見られてしまう可能性があります。

リレーを作成する際には、しっかりと公開範囲を決めることが大切です。

全体公開にしているリレーの場合

通知設定にも注意が必要です。

通知をONにしていると、リレーに投稿がある度に友達全員に通知がいってしまうようなので、大人数でのリレーを想定している場合はOFFにしておきましょう。

大人数のグループでの怒涛のライン合戦と同じ状況となり、休む暇もなく次々に通知が来てウンザリ…なんてことになります。

リレーに興味のない人や、長い間連絡を取っていない相手にとっては相当迷惑な行為となりますので要注意です。

LINEのリレー機能の使い方

リレーの使い方と作成の仕方について、実際のスクリーンショットと一緒に説明していきます。

トークルームからもノートの画面から作成が可能ですが、今回はタイムライン上からの作成方法をご紹介します。

タイムラインにリレーを作成する方法

まず、タイムラインの + をタップします。


色々と出てきますので リレー を選択、タップしましょう。

ここからはリレーの作成方法です。

リレー作成画面に移動したら、一番上の から公開範囲や公開期間の設定を行います。
続いてその下のトピック名を入力、そして真ん中の + から写真や動画を選択します。


こちらは公開範囲、期間の設定画面です。

通知設定はもともとオフになっていますが、念のため確認をしてから設定してください。
前述の通り、通知がオンになっていると通知が頻繁に来て迷惑となる可能性もあるので、基本的にはオフにしておくことをオススメします。

トピックを 思い出 とし、写真も選択しました。
全ての入力が終わったら右上の 投稿 をタップします。

 


これでリレーが完成しました。

LINEリレーに参加して投稿する方法

トピックの上には作成者が表示されます。
誰かのトピックに参加する場合は、 参加 をタップしましょう。


リレーに参加すると、写真や動画、テキストを投稿することができます。

こちらはテキストカードと言って、全体に対してコメントを投稿できるような機能です。
もちろん、写真や動画、テキストに対して個別にいいねやコメントをすることもできます。

テキストカードはコメントだけでなく、背景の色も選択することができますよ。

入力したら右上の完了をタップしましょう。
すると投稿にテキストも追加されます。

LINEリレーを終了する・投稿の修正や削除をしたい場合

投稿の修正や削除を行いたい場合は、右上の ・・・をタップします。
ここから修正や削除を行うことができます。

また、リレーを設定した公開期間より早く終了したい場合も同じマークをタップし 終了 を選択しましょう。

「終了しますか?」と確認画面が表示されるので 終了 をタップでリレーが終わります。
以上がリレーの作成方法、使用方法です。とっても簡単ですね!

基本的にはタイムラインと同様の使い方だと思っても良いですね。

LINEの「リレー機能」のおもしろ活用法!

リレーは「皆でバトンを渡しながら作成するアルバム」のようなものだと言いましたが、具体的にどのような活用方法があるのでしょうか?

前述の通り「共通の何か」についてリレーするのは基本的な使い方ですね。
同じイベントに参加している相手と思い出の写真や動画、感想などをリレーするのも良いでしょう。

ハッシュタグを付けることで、同じ趣味の人と簡単に繋がることもできますので、写真やペット、絵、好きなアーティストなどの話題で盛り上がるのも良いですね。

自己紹介リレー

一昔前の「プロフィール帳」のように、同じ自己紹介内容を書いてリレーするのも良いですし、次の人の自己紹介内容を指定してリレーをしても楽しそうですね。

連想ゲームリレー

絵→答え→絵→答え…と皆で連想ゲームをすることもできます。

絵しりとりや、テキストを利用しての言葉しりとりなどにも挑戦してみても良いでしょう。

小説リレー

テキストを利用して、1文ずつ投稿して1つの小説を完成させる。

なかなか頭を使いますが、意外と傑作ができ上がるかもしれませんよ。

献立リレー

毎日のこととなるとなかなか決まらない献立。

多くの人が料理の写真やテキストを使って献立をアップすれば、明日の献立のヒントも見つかりそうですね!

コーディネートリレー、ヘアメイクリレー

マンネリ化しそうな服のコーディネートや髪形、メイク方法なども、色々な人のものを見ることで新たな自分に挑戦できる機会になるかもしれません。

画像募集

大好きな動物やコスメ写真など、同じ趣味の人に向けて募集をかけ、多くの人から画像を集めるのにも利用できます。

このようにゲーム感覚で楽しめるものから日常生活に役立ちそうなものまで、リレーの使い方は様々です。

すぐにでもリレーを始めたくなってきますよね!

まとめ

リレーは公開範囲や公開期間を設定し、共通の話題で盛り上がることのできる便利なツールです。

使用方法に注意し、友だちや共通のテーマを持った人とのコミュニケーションを楽しみましょう。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました