LINEが仮想通貨の取引(売買)開始時期や予定はいつ?爆上げの好材料になる!?

日本で国民的アプリとなっているLINE。

利用者は利用者は国内だけでも7000万人以上と人口の半数以上が利用していることになります。

そのLINEが仮想通貨業界に参入すれば現在低迷が続く仮想通貨業界にとって好材料となるのでしょうか?

そこで今回はLINEが仮想通貨の取引開始予定!爆上げの好材料になるか!?について紹介していきます。

 

LINEが仮想通貨の取引を開始する時期は?

LINEは2018年1月31日に仮想通貨などの金融商品などを手掛ける子会社を設立すると公表しました。

LINEアプリ内で仮想通貨の取引が出来るようになる予定です。

個人的にはLINE内で仮想通貨の売買が出来るようになるのは非常に使い勝手がよく便利だと感じています。

また、アプリ内の決済サービスとも連携させる予定です。

LINEで仮想通貨の取引(売買)が開始時期については未定ですが金融庁には既に仮想通貨交換業の登録を申請しており、登録後すぐにでも仮想通貨の売買を開始したい模様です。

LINEが仮想通貨業界に参入となれば爆上げの好材料となりえるのでしょうか。

 

LINEで仮想通貨参入で爆上げの好材料となるのか

LINEが仮想通貨業界に参入すれば爆上げの好材料となるのか?これは気になるところではあります。

ここからは個人的な見解ですが、取り扱う仮想通貨によっては爆上げとはいかないまでもかなりの好材料にはなると思います。

2018年が始まり低迷が続く仮想通貨。

コインチェックの資金流出問題もあり「仮想通貨は終わった」ともささやかれています。

ただメルカリなどの大手も仮想通貨での決済を2018年内に導入する予定もあり、まだまだ仮想通貨は終わらないですしむしろこれからますます世に進出していくのではないかと予想しています。

そこに今回LINEが参入ということで爆上げはないまでも投資家にとってもこれから仮想通貨を始めるユーザーにとってもかなりの好材料ではないでしょうか。

 

LINEで仮想通貨を取り扱った場合のセキュリティは大丈夫か

もう一つ気になるのは今回のコインチェックでも指摘されたセキュリティの問題です。

コインチェックではセキュリティの甘さから約580億円分の仮想通貨が流出し、コインチェックを利用しているユーザーの信頼を失墜させ、出金や送金などを自主的に凍結させるなどの問題も生じています。

仮想通貨の新規ユーザーなどはこの問題の不安から本当に大丈夫なの?と懸念や疑問を抱くはずです。

ですがLINEは個人の対話アプリとして培ったセキュリティ技術がありそこで培った経験を生かしたい考えだそうです。

元々、LINEはその強力なセキュリティが原因で不便なこともありましたからその辺りの技術は優れていると個人的には思います。

 

終わりに

今回は仮想通貨を始めているユーザーにも新規ユーザーにも久々に良いニュースが出て個人的にもすごく喜んでいます。

私は仮想通貨を少ししか持っていませんが今後どんどん使えるところも増えていき使い勝手よくなると予想しています。

時代が進んでいるのをすごく実感しています。

暗いネガティブニュースばかりが続きますが明るい仮想通貨の未来に期待したいと思います。

追記

これから仮想通貨がますます発展していくと予想していますが、LINEが仮想通貨の取引を開始してからでは仮想通貨の価格も上がり購入し辛くなることも事実です。

決して投資目的ではなく将来に向けて事前に仮想通貨を手に入れることも視野にいれておくと良いかもしれません。

 
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました