LINEのタイムラインを時間が来たら消えるタイマーの方法!やり方と便利の使い方

 

インスタやツイッターは抵抗があってあまり使っていないんだけど、自由に呟けるのが羨ましいってたまに思うんだ~

LINEのタイムラインで呟いたりしないんですか?

なんかLINEだとハードルがあがるというか…不特定多数じゃない分誰かに向けたメッセージっぽくなって苦手で。インスタみたいに消える機能があればいいんだけど

LINEのタイムラインにも時間が来たら消える機能があるのを知ってますか?
この機能を使えばもっと気軽に呟くことができますよ!その方法をみてみましょう

LINEのタイムラインをタイマー機能で消す方法

タイムラインにある「+」をタップ→投稿

「・・・」をタップしてタイマーを選択。

1時間/6時間/24時間からタイマー設定が選択可能です。

この後に、投稿内容を入力して投稿をすれば完了です。
友達からは何時間後に消えるかがわかりません。

投稿した自分であれば確認が可能ですが、それ以外の人からは消えるのがわからないため、1日経ったら消したい場合や、1時間だけ設定したい時にはとても便利です。

24時間限定公開!などにも使えそうですね。

タイマーをつけておくメリット

タイマーをつけておくメリットとして、何より気軽に投稿できる点が挙げられます。
残ってしまうつぶやきはどうしても「良い内容を投稿しなくては…」と考えてしまいますが、消える予定であればちょっとしたことやどうでもいいことを呟けます。
あとで自分でちまちま消さなくても良いのがいいですよね。

タイマーなしで投稿するデメリット

タイマーなしで投稿すると、投稿した内容はずっと残っています。
消したくなったら自分で削除すればいいだけなのですが、投稿した数が多いと削除も大変に。

投稿したものは、気分によって一度リセットしたいと思う時もあるはずです。
そんな時になんども削除を繰り返すのは疲れてしまいますが、そういった手間をなくせるのがタイマー機能なのです。

タイマー機能を使った小技

せっかくあるタイマー機能。
ただ呟くだけではもったいないと思ってもなかなか有効活用できないもの。
どんな時に使うとその機能をより活かせるか、ちょっとした小技をご紹介します。

友達の待ち合わせや集合手段に使えます!
近くに住んでいる人や、仲の良い友達グループのみ公開にしておいて「〇〇時から〇〇時までここにいます!一緒に遊ぼう!!」という投稿をすれば、近くで遊んでいる仲の良い友達が暇だった場合などに合流することができます。
タイマーポストにしておけばあとで消えるので、一時間に設定しておけば「数時間経ってから今から行くよ!」なんてことにならずにすみます。

まとめ

LINEのタイマー機能はインスタストーリーのように時間がきたら消える機能です。
ツイッターやインスタをあまりやっていなくて、普段はLINEをよく使っているからLINEのタイムラインで呟きたいという人にとっては最高の機能です。

気軽につぶやくことができて、数時間で消えるならいい内容を呟く必要もありませんし、投稿のハードルも下がります。

ぜひ参考に楽しいLINEライフを送ってみてくださいね!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました