LINE PayとLINEカードの違いは?使い方や条件を徹底比較

LINE payって知っていますか?

〇〇Payってことは、よくあるスマホ決済でしょ?

LINE payはスマホ決済サービスのひとつだけど、スマホだけじゃなく、カードでも使えますよ。

カードでも使えるの?よく分からないなぁ…。

それでは、使い方や使えるお店なども一緒に、詳しく紹介していきますね!

 

LINE Pay(ラインペイ)とは?

LINE Payは、コミュニケーションアプリ「LINE」が運営している決済サービスを指します。
現金を使わなくてもお店などでお買い物ができる「キャッシュレス決済」の1つです。

若者を中心に利用者の多いLINEアプリということもあり、LINE Payの利用者も数多くいます。

そんなLINE PayはLINE PayLINE Payカードの2つがあります。

それぞれについて、簡単に紹介していきましょう。

LINE Payについて

LINE Payは、いわゆるQR/バーコード決済サービスです。

こちらに関しては、最近増えている「スマホ決済」と呼ばれるサービスと同じような種類です。
また、決済機能だけではなく、LINEの友だち同士で送金・割り勘なども利用することができます。

LINE Payカードについて

LINE Payカードは、LINEが発行しているプリペイドカードです。
プリペイドカードは現金をチャージして利用するもので、審査などが必要なく誰でも発行することができます。

LINE Payカードにはリアルカードバーチャルカードの2種類があり、実店舗での決済をリアルカード、オンラインでの決済をバーチャルカードで行います。

LINE Pay、LINE Payカード。似たような名前ではありますが、使い方や使えるお店が異なるので、それぞれ理解しておきましょう。

「LINE Pay」と「LINE Payカード」の使い方は?

LINE PayとLINE Payカードの使い方を、それぞれ紹介していきます。

LINE Pay

LINE Payは、LINEアプリ上で利用するQR/バーコード決済サービスで、チャージしたり、クレジットカードを登録して使うことができます。

チャージ方法としては、銀行口座」「LINE Payカード」「コンビニ」「セブン銀行ATMの4種類の方法があります。

  • 「銀行口座」:口座情報をLINE Payに登録してチャージ
  • 「コンビニ」:コンビニレジや専用端末でチャージ
  • 「LINE Payカード」:店頭でLINE Payカードを使って、LINE Payにチャージ
  • 「セブン銀行ATM」:ATMを使ってチャージ

 

決済方法については、QR/バーコードを使ったスキャン払いと、QRコードをスマホカメラで読み取る読取払いの2種類の方法で支払いします。

  

また、カード番号を入力することで支払いが可能な場合もあり、オンライン上での決済にも対応しています。

LINE Payカード

LINE Payカードは、一般的なプリペイドカードと同様にチャージをすることによって利用できます。

チャージ方法はLINE Payとほぼ同じで、「銀行口座」を登録するか「コンビニ」でチャージすることができます。

利用に関しては、支払い時にLINE Payカードを提示するだけで利用でき、JCBブランドのプリペイドカードなので、支払いの際はJCBカードでと伝えるとスムーズでしょう。

また、バーチャルカードを使ってオンライン決済も可能です。サイト上の支払い方法で「クレジットカード払い」を選択肢、カード情報を入力することで決済できます。

「LINE Pay」と「LINE Payカード」が使えるお店は?

「LINE Pay」と「LINE Payカード」が使えるお店を紹介していきます。
それぞれ使えるお店が異なるので、利用するときに確認しておきましょう。

LINE Pay

LINE Payに対応しているお店で利用可能です。

実店舗であればお店の入り口付近に「LINE Pay」のステッカーが貼られているのでそれを確認してみましょう。

コンビニでは、「ファミリーマート」「セブンイレブン」「ローソン」「ミニストップ」「ポプラ」「セイコーマート」といった主要大手各社にも対応しています。

その他にも、多くのお店やネット通販などで利用可能です。

【LINE Payが使えるお店一覧】

LINE Payカード

LINE Payカードは、JCBブランドのプリペイドカードとなっており、JCBに加盟している国内外の店舗で利用可能です。
利用できる店舗数は約3300万店となっており、LINE Payよりも使えるお店は多いです。

LINE Pay(QRコード決済)に対応していないお店であっても、JCBに対応しているのであれば、LINE Payカードを使った支払いが可能です。この場合もポイントはつきます。

「LINE Pay」「LINE Payカード」チャージ・決済の利用上限額はある?

「LINE Pay」「LINE Payカード」のチャージ・決済の上限額について紹介していきます。

LINE Pay

 1回あたりの決済
本人確認前 本人確認後
100,000円 1,000,000円
 1回あたりのチャージ上限
  本人確認前 本人確認後
ローソン 49,000円  49,000円 
セブン銀行ATM 100,000円 500,000円
コンビニチャージ 100,000円 299,000円
銀行口座 チャージ不可 100,000円

※本人確認を済ませていない状態では、銀行口座でのチャージが利用できません。

LINE Payカード

1回/1ヶ月あたりの決済上限
本人確認前
本人確認後
100,000円 1,000,000円
 1回/1ヶ月あたりのチャージ上限
本人確認前
本人確認後
100,000円 1,000,000円

本人確認前でも決済、チャージともに利用可能ですが上限金額に大きな差があります。

オートチャージについて

LINE Pay/LINE Payカードは「オートチャージ」にも対応しています。 銀行口座を設定し、チャージ金額を指定することで自動的に残高をチャージしてくれます。

残高不足を気にすることなく使えますし、銀行口座から直接引き落とされるのでクレジットカード」や「デビットカード」に近い使い方が可能です。

 

 ※ただし、「月末に一括で引き落とし」といった形には対応していません。

LINE Pay・LINE Payカードの手数料は?

LINE PayやLINE Payカードの利用に関する手数料は一切ありません。

年会費なども無料です。

また、LINE Payカードの再発行に関しても無料でできます。

LINE PayとLINE Payカードの相違点

LINE PayとLINE Payカードの主な相違点について解説していきます。

「QR/バーコード決済」「プリペイドカード」という違い以外にもさまざまです。

割り勘・送金機能

LINE Payには友達同士で送金や割り勘ができる機能があります。

LINE上でそういったお金のやりとりができるのがLINE Payの特徴です。

しかし、LINE Payカードには決済機能しかありません。

ポイント還元率

ポイント還元率についても「LINE Pay」「LINE Payカード」で異なります。

LINE Payのポイント還元率は「3.5%~5.0%」なのに対して、LINE Payカードは「0.5%~2.0%」と低めです。 ポイント還元率に関してはLINE Payの方が優れています。

また、ポイント還元に関わるキャンペーンなどの実施もLINE Payの方が多く開催されています。

まとめ

LINE Payとカードについて紹介していきました。

キャッシュレス決済の中でも、人気度の高いサービスでもあり、お得なクーポイや還元サービスも魅力的です。

メリットがたくさんある決済サービスなので、まだ使っていない人はぜひ利用してみてください。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました