TwitterのQRコード作成の仕方は?作り方と読み取り方法を詳しく紹介!

 

Twitterにも自分専用のQRコードが作れるって知ってた?

うん。知ってはいたんだけど、自分のQRコードってどうやって作るのか分からなくて。

なかなか作る機会ってないですよね。

そうなんだよね!あと他の人のQRコードの読み取り方もいまいちよく分からなくて…。

TwitterのQRコードの作り方も、他の人のQRコードの読み取り方も、少ない手順で出来てすごく簡単なんですよ!

え、そうなの?知りたい!

では一緒に、QRコードの作り方、読み取り方を見てみましょう!

自分のQRコードの作り方!

まず、ホームの左上の自分のアイコンをタップします。


そうすると、下のような画面になるのでその右下の変なマークをタップします。


タップすると、自分のQRコードが出てきます。
真ん中の白丸のところに自分のアイコンが写っています。
その画面の右上のところをタップすると保存や自分のQRコードがツイートしたりできます。


この手順でやれば、自分のQRコードを作成・保存ができます!
とても簡単ですよね。

他の人のQRコードを読み取る方法!

読み取る方法もとても簡単にできます。
QRコードを作る方法と手順は途中まで同じです。
ホームの左上の自分のアイコンをタップします。


つぎの画面の右下のQRコードのマークをタップします。


そうすると、先程の自分のQRコードの画面が出てきます。
ここまでは同じですが、次から手順が違います。

他の人のQRコードを読み取る場合には、下の四角いマークをタップします。


そうすると、QRコードを読み取る画面が出てくるのでそこでQRコードを読み取ってください。
保存しているQRコードを読み取りたい場合には、右上のマークをタップすると自分のギャラリーが出てくるので、そこから読み取れます。


読み取る方法もとても簡単にできます。

QRコードの加工は出来るの?

TwitterのQRコードはインスタのQRコードのように、オシャレに加工したり出来ません。
出来るとしても、背景の色を変えるくらいです。
QRコードの画面の自分のツイートQRコードをタップすると色を変えることができます。


変えられる色は…
ピンクオレンジ
の5色です。

多くもなく、少なくもなく…といった感じですが、自分の好きな色に設定してみましょう!
全色作ってみるのもいいかもしれませんね!

まとめ

Twitterで自分のQRコードを作る方法、他の人のQRコードを読み取る方法は分かりましたか?
とても少ない手順で簡単に作ったり、読み取ったりできるんです。

QRコードはオシャレに加工したり出来ないのが少し残念ではありますが…一度画像をダウンロード、スクリーンショットなどしてから、QRコードに重ならないように装飾してみるのもいいかもしれませんね。
少なくとも画像のように色を変えることは出来るので、自分好みの好きな色に変えたり、全色作ってみたりするのもいいですよ!

さっそく自分のQRコードを作ってみてくださいね!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました