Twitterアカウントが削除されない時の対処法!ネット検索からツイート履歴を消す

 

Twitterのアカウントを削除したはずなのに、ネットで確認すると表示されるのはなぜ?

削除を申請しても、30日以内は履歴が残ってしまいます。
そのため、ネット上からはすぐに消えないのです。

知らなかった…。
Twitterのアカウントを削除出来ない時の対処方法を一緒に知っておくと便利だね。

それでは、Twitterのアカウントを削除する方法と、削除できない場合の解決策について詳しくご紹介していきますね。

Twitterのアカウントを削除する方法

まずは、Twitterのアカウントを削除する方法について見てみましょう。

Twitterのスマホアプリ、またはブラウザからツイッターを開きます。
削除したいアカウントのプロフィール画面を開いてください。

左上にある自分のアイコンから 設定とプライバシー という項目をタップしましょう。

今度は、一番上にある アカウント という部分をタップします。

アカウント を開いたら、下にスクロールしましょう。

一番下まで画面を動かすと アカウント削除 という項目が出てきます。

アカウントを削除の部分を押すと、最終確認の画面が出てきます。

内容を読んでから一番下の アカウントを削除 をタップしましょう。

アカウントのパスワードを打ち込み、アカウント削除 をタップします。

「アカウントが削除されました」という画面に切り替われば削除が完了です。

Twitterのアカウントを削除しても履歴はすぐに消えない

アカウントの削除が完了しても、削除したはずのアカウントのツイートが表示される場合があります。
Twitterでは、削除設定を行ってからアカウント情報が削除されるのは30日後とされています。

これは間違ってアカウントを削除してしまっても、すぐに消えてしまうのを防ぐために設定されています。
また、第三者がログインしてアカウントを削除してしまった時の、不正アクセスへの対応措置でもあります。

アカウントの削除申請を行ってから、30日以内に削除予定のアカウントにログインすると、アカウントが復活してしまうので注意しましょう。

Twitterのアカウントを削除出来ない時の対処方法

しっかりと削除したはずなのに復活してしまった時は、どのように対処すればよいのでしょうか。
Twitterのアカウントを削除出来ない時の対処法を見てみましょう。

アカウントのパスワードを変えてから削除する

削除設定をしたはずのアカウントが、何も触れていないのに復活していることがあります。

不正アクセスでアカウントが乗っ取られてしまうと、自分がパスワードを入力していなくても、アカウントが復活してしまう可能性があるのです。

アカウントが乗っ取られて復活してしまった場合は、

  • 登録したメールアドレス
  • パスワード

を変更してから、再び削除手続きを行いましょう。

Twitterアプリをアンインストールしただけではアカウントは消えない

Twitterのアプリをアンインストールしただけでは、アカウントは削除されません。

最初にご紹介した、「Twitterのアカウントを削除する方法」の手順を踏み、運営側にアカウントの削除依頼を行う必要があります。

Twitterのアプリをアンインストールしても、再びアプリをインストールし直してログインを行えば、アカウントを削除することが出来ます。

アプリをアンインストールすると、アカウントデータも一緒に消えるアプリもありますが、Twitterは違います。
アプリをアンインストールしただけでは、アカウント自体は残ったままなので注意しましょう。

Googleなどの検索エンジンに出てしまうツイート履歴を削除したい

Twitterのアカウントが完全削除されるまでの30日間は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンにも、そのアカウントで呟いた文章や履歴が出てくることがあります。
IDやツイート内容で検索すると、対象のアカウントでツイートした内容を見ることが出来ます。

しかし、アカウントを削除してから30日以上経過しても、ネット検索した時に、削除したはずのアカウントのツイートが表示されることがあります。

これは、検索エンジンがTwitterのアカウントが完全削除されたのを認識出来ていないために、今まで検索したデータを元に表示してしまうからです。

もし検索結果にひっかかっても、完全に削除されているアカウントのツイート内容までは詳しく見ることが出来ません。

このように検索結果が表示された時、現在、ツイートを取得できません。しばらくしてからもう一度お試しください。と表示されます。
ツイートを詳しく見ようとしても、閲覧できない状態になっていれば、Twitterからアカウントは完全に削除されています。

どうしても、ネットの検索結果にひっかからないようにしたい場合は、Googleに削除依頼をリクエストしましょう。

PCから検索に出るツイート履歴を削除する方法(Googleの場合)

Googleの場合は「Google Console」(グーグル コンソール)というサイトにアクセスし、削除したい情報が載っているURLを入力して「削除リクエスト」をクリックすればOKです。

Google Search Console
Search Console で所有権に関する Google 検索結果データを監視できます。

スマホから検索に出るツイート履歴を削除する方法

スマホの場合は、まず検索エンジンで「Google 古いコンテンツの削除」を検索します。
こちらのURLから移動できます。

Remove outdated content - Google Search Help
If content was deleted from a site but still shows up in Google search results, the page description or cache might be outdated. To request a removal of outdate...

Googleのヘルプページの掲載されている、古いコンテンツの削除 と書かれたリンク先をタップしましょう。

パソコンと同じ「Google Console」の画面が出てくるので、削除したい情報が載っている画面のURLを入力して、削除をリクエストをクリックすれば完了です。

yahoo!の検索に出るツイート履歴を削除したい場合

Yahoo!はGoogleと連動しているため、上記同様にGoogle Consoleから削除依頼を行い、問題なく反映されると検索結果に表示されなくなります。

すぐに対応してくれるとは限りませんが、どうしても気になる人は申し込みを行ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

今回は、Twitterのアカウントを削除する方法と、削除されない時の対処法についてご紹介しました。

Twitterのアカウントは削除設定を行っても、完全削除まで30日間の猶予期間があるため、その間はネット上に履歴が残ってしまいます。
30日経たない間に削除予定のアカウントにログインしてしまうと、復活してしまうので要注意です。

Twitterのアカウントを完全削除するまでにはどうしても時間がかかりますが、時間が経てばネット検索に表示される可能性も低くなります。

アカウントの削除で悩んだ時は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました