Twitterで変なDMが勝手に大量送信されてしまうように…!英語のスパムメールを誤って開けてしまった時の対処法と解決策

 

なんだか最近、知らない人からDMが届くんだよねぇ…

それってもしかしたら、スパムメールかもしれないですよ

え? スパムメール?

はい。リンク先を間違ってクリックして、ツイッターと連携してしまうと勝手にDMが送信されてしまったり、知らないツイートが勝手に流されてしまう事もあるんです。

そうならないようにするには、どうしたらいいのかな?

では、一緒に確認してみましょう!

知らない人から変なDMが

 

詐欺のような内容のメールや、LINEのお友達勧誘といった内容のメールも増えているようです。

フォロー、フォロワー以外の人から変なDMが送られて来た場合、あやしいと思いURLをタップしたり、クリックしたりしない人が多いはず。

でも、自分の興味のある内容だったり、英語などの外国語だと何が書いてあるかわからなくてうっかりURLを踏んでしまうこともあるかもしれません。

知らない人からの変なDMを受け取らないように設定も出来るので、事前に知らない人からのメールは来ないようにしておくのも効果的です!

以前公開した知らない人からのDMを受け取らないようにする方法はこちらでご紹介しています。

twitterで知らない人からDMが来て気持ち悪い!DMを受け取らないように拒否するには?

今年4月に入ってから英語、日本語に関係なく迷惑なDMが急増しているので注意!

中には自分のフォロワーさんが間違ってURLをクリックしてしまい、それが原因で知らないうちに勝手にDMが送信されてしまう、いわゆる「乗っ取り」が発生しているのです。

こちらのフォロワーさんは英語の内容のDMが送られてきて、『stwity Plus』というアプリを入れたところ、勝手にDMが送信されるようになりどうしたらよいのかわからず困っている様子でした。

 

 

全く身に覚えのないDMが勝手に送信されてしまうように…。

 

フォロワーであっても、おかしな内容のDMが送られて来た場合、タップやクリックは絶対にNGです。

見知らぬリンクURLをうっかり踏んでしまうとアカウントを乗っ取られてしまい、自分だけじゃなく友達にも迷惑をかけてしまう可能性があります。

気をつけてくださいね!

 

乗っ取りに関する被害防止策と解除方法、確認方法の記事はこちらに載せています。

twitterの乗っ取り被害防止策!確認する方法と解除する方法まとめ

もしリンクを踏んでしまったら

送られて来たDMの中のURLをうっかり押してしまうことってありますよね。

「やっちゃった!」「どうしよう!」

URLを押した後、アプリの連携承認というボタンが出て来たときに慌てすぎていると、よくわからずに「はい」と押してしまいがちです。
これを押してしまうと、自分が知らない間にTLに『サングラスの商品割引!格安特価販売!』などといった、自分でつぶやいた記憶のないよくわからない宣伝が出るようになってしまいます。

こんな内容を勝手に呟かれてしまう原因は、Twitterアプリの連携承認が原因なのです。
これを消したい、出したくない場合はアプリの連携を外せば解決できる場合もありますよ。
慌てず設定から連携解除を行ってみてください。

手順としては自分のアイコンを押し、『設定とプライバシー』→『アプリと端末』のページにある『Twitterアカウントと連携されているアプリ』一覧から、身に覚えのない連携アプリの『許可を取り消す』を行ってみてください。

これで解決する場合もありますよ!

リンク先のアプリをインストールしてしまったら

間違ってリンク先のアプリをインストールしてしまう…なんてこともありますよね。
絵柄がなんとなくツイッターに似ているものもあって、「ツイッター公式の便利なツールかな?」なんて思ってしまう人も多いはず。

そんな見た目に騙されてインストールをしてログインを行ってしまった場合は、そのアプリのアンインストールと、ツイッターのパスワードを変更しましょう。
ただアンインストールするだけでは、ログイン情報が相手に渡っているため解決されないまま迷惑メールを自動送信し続けてしまう事に…。

アプリを通してログインを行ってしまった場合は、必ずパスワードを変更してください。
念には念を入れ、IDの変更を同時に行ってもいいかもしれませんが、基本的にはパスワードを変更すれば解決することが多いです。

「アプリをインストールしてからDMが勝手に送られてしまうようになった」と困っていたユーザーさんは、乗っ取られていたアカウントのパスを変更することで解決できたようです。

アカウントをハックされてログイン不可になったら

アカウントのパスワードを盗まれてしまうと、その盗んだパスワードですぐさまアカウントにログインされ、ログインの際に必要なパスワードを変えられてしまいます。

電話番号認証なども設定していないとアカウント自体をハックされてしまい、自分のアカウントであるにも関わらず、ログインができなくなってしまうことも…。

そうなった場合は、運営のサポートに伝えたり、ツイッターのヘルプセンターにある「アカウントがハッキングされた場合」の手順を参考にすると良いです。
なにより、アカウントが乗っ取られないように注意することが大切です!

まとめ

ツイッターは簡単に始めることができるツールですが、中には悪質なアプリを使って個人情報を得ようとする人もいます。
特に外部リンク先に飛ばされるようなアプリは、簡単に連携、承認しないほうが安全です。

楽しいツイッターライフを行うためには、危険だと思われるような怪しいURLは踏まないようにしましょう!

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus
タイトルとURLをコピーしました